歯を失った方へ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

虫歯や歯周病の進行などの原因によって、歯が失われてしまう場合があります。このような場合の治療としては、インプラントや部分入れ歯、ブリッジが考えられます。インプラントは完全に自費治療となり、入れ歯、ブリッジについては、材質等によって、保険診療か自費診療かを選択することが可能です。
当院では、患者様のお口の状態を観察し、最善と考えられるプランをご提案いたします。全身の健康状態やご予算など、患者様のご希望をとことんまでお伺いした上で、納得していただける治療と、アフターフォローをご提供します。

インプラント

インプラントは、失った歯1本より全歯までを補うことができる、人工の歯根を埋め込んで、その上に人工歯を装填する治療法です。顎に人工歯根を埋め込む手術が必要となりますが、ご自身の顎にしっかりと固定されるため、ご自身の歯とほとんど変わらない嚙み心地や見た目を取り戻せることが最大のメリットだといえるでしょう。
ただし、年齢的な面やお口の状況によって受けられるか否か検討する必要があります。当院では、骨が失われてしまった患者様にも増骨手術を施すなどし、でき得る限りご要望を実現してまいります。自費診療となりますため、費用や治療内容等、ご心配がありましたら、事前に何でもご相談ください。

入れ歯

歯がなくなってしまった際、最も身近に想起される補綴(ほてつ)の方法が、「入れ歯」なのではないでしょうか。虫歯や歯周病、事故などによって失われた歯を放置しておくことは、お口や全身の健康上もよくありません。
入れ歯は、取り外し可能な人工歯です。部分的なものと、全体入れ歯(総入れ歯)の大きく2つに分かれます。また、保険範囲内で対応可能なものから、自費診療となる使い心地や見た目のよりよい素材まで、バリエーション豊富な点もメリット。気になる点は何でもお尋ねください。

ブリッジ

ブリッジも入れ歯と同様、健康保険適応による保険診療が可能です。歯の欠損が1~2本と少ない場合に採用できます。入れ歯と異なるのは、取り外しができない点。また、両隣の歯に器具をかける必要があるため、隣の歯を削らなければなりませんし、奥歯など隣の歯がない場所が抜けてしまった場合には、ブリッジ治療はできません。見た目が気になる場合には、自費診療として、目立たないセラミック素材も活用できます。

保険と自費の違い

自費診療は原則として、治療だけでなく審美的な部分をも補う診療メニューになります。
入れ歯やブリッジにおいて当院では、歯科用プラスチック(レジン)を素材とした健康保険対応のものを基本としています。
ただし、ブリッジによって人工歯をつくる場合、犬歯までは保険診療でも白い歯にすることができますが、臼歯(奥歯)となると、銀歯のみが保険適応です。より美しい治療結果を望まれる方には、自費診療によるセラミック歯がおすすめできます。
インプラントは、完全自費診療となります。

料金

インプラント

名称インプラント体/アバットメント埋入手術
(別途 要CT撮影料)
診査診断人工歯
価格 ¥108,000 ¥216,000 ¥21,000 ¥108,000~
(材質により変動)
名称価格
インプラント体/
アバットメント
¥108,000
埋入手術
(別途 要CT撮影料)
¥216,000
診査診断 ¥21,000
人工歯 ¥108,000~
(材質により変動)

(消費税込み)

入れ歯

名称レジンバルプラストコバルトクロム床義歯チタン床義歯
価格 保険適応 ¥108,000~(部分)
¥216,000(総)
¥270,000~(部分)
¥324,000(総)
¥432,000~(部分)
¥540,000(総)
名称価格
レジン 保険適応
バルプラスト ¥108,000~(部分)
¥216,000(総)
コバルトクロム床義歯 ¥270,000~(部分)
¥324,000(総)
チタン床義歯 ¥432,000~(部分)
¥540,000(総)

(消費税込み)

患者様の声スタッフBLOGこどもの予防歯科
EPARK
048-470-6480 メールでのお問い合わせ