口腔外科

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

当院では、口腔外科治療も行っております。歯に限らず、お口まわりの不調は何なりとご相談ください。比較的軽度のものであれば院長が診療します。より高度な技術や知識が必要な場合は、口腔外科専門医の来院日をご案内いたします。原則として月2回、日・水曜日です。詳細はお尋ねください。

親知らず

生えてしまうと厄介な「親知らず」。抜歯が必要ない場合もありますが、正しい方向に生えることが少なく、痛みが生じたり、虫歯菌の温床となったりすることもあります。炎症が起きている場合には抗生物質を投与します。そして必要な場合、痛みと腫れが引いたのちに抜歯をします。

顎関節症

顎関節症とは、お口をひらくときに痛みや違和感があったり、音が鳴ったり、お口がひらかなかったり…といった不調です。マウスピースをはめ顎が適切に動かせるよう、ある程度の時間をかけて治療していきます。

口内炎の治療

口内炎についても口腔外科で治療が可能なこと、ご存知でしたか?耳鼻科や皮膚科でも口内炎の治療ができる場合は多いのですが、当歯科(口腔外科)での治療をおすすめする理由があります。
それは、レーザー治療ができること、歯の突起等が口内炎の原因だった場合、その場で処置が可能なことです。特に重症化してしまった口内炎には、殺菌効果が高く、薬に比較してすぐに痛みと炎症が引き始める、レーザー治療がおすすめです。

歯ぎしり/いびきの治療

歯ぎしりやいびきは、同じ部屋で寝ている人へのストレス源となってしまいます。また、歯ぎしりをしてしまう患者様当人にとっても、やがて歯がすり減ってしまうなどのマイナス点が見込まれます。
歯ぎしりを防ぐには、就寝中にマウスピースを装着します。このマウスピースは、いびきにも効果があります。いびきでお悩みの患者様やご家族様は、ぜひ当院にご相談ください。

048-470-6480 メールでのお問い合わせ