お子さんの治療

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

お子さんの歯を優しく守ります

乳歯が生えてから永久歯が生え揃うまで、お子さんの成長に合わせたお口の健康管理を行うのが小児歯科です。

乳歯は永久歯とは全く違った性質を持っており、その特徴を考えながら生え変わりのときも視野にいれた治療を行っています。
また「歯医者さんは怖いところ」といったイメージを持たないように、丁寧にそして優しく治療に当たっています。

学校歯科健診などで、歯の異常や詳しい検査が必要なことを指摘されたお子さんなどもいるかもしれませんが、詳細に検査・診断を行い適時な治療と、乳歯からのフッ素やシーラントなどの虫歯予防を保護者の方に提示したうえで優しく治療を行いますので、ご安心ください。

痛みを少なくして優しく治していきます

お母さんがマタニティ歯科を卒業したら、今度は産まれて来たお子さんの歯の成長を見守っていくことになります。
お子さんの乳歯の生え始まる生後6ヶ月頃から大人の歯が生え揃うまで、お口の中はどんどん変化しています。
その成長途中で虫歯になると、乳歯の生え揃いだけでなくこれから生える永久歯にも悪影響を与えてしまいます。

乳歯の虫歯は永久歯の虫歯よりも進行が早く、虫歯が大きくなると歯を削る量も多くなって歯科治療への恐怖心を抱かせてしまうことにもなります。
早期発見・早期治療は、お子さんの心身的リスクを減らすだけでなく予防にも繋がります。

当院では、乳歯の特性に配慮し、永久歯の成長への影響を考慮しながら、丁寧に治療を行ってまいります。

6歳以上のお子さん

治療時に痛みを伴うときは、麻酔をするか我慢するかをお選びいただきます
虫歯が多くある場合は一度に治すのではなく分けて行なっていきます

0~5歳までのお子さん

治療時に痛みを伴うときは、我慢させずに麻酔を使います
虫歯が多くある場合は一度に治すのではなく分けて行なっていきます

妊婦さんへ~マタニティ歯科~



妊娠中であっても、安定期でしたら問題なく治療が可能です。また、お薬を使った治療や、レントゲン撮影なども極力行わず診療を進めてまいります。
万が一、どうしても必要といった場合でも、お薬は産婦人科の先生と連携しながら安全なものを選んで使用いたします。また、当院では被ばく量の少ないデジタルレントゲンを採用しています。これは、日差しの強い日に外を1~2時間散歩する程度の被ばく量ですから、身体に悪影響はありません。妊婦さんであっても安全にお受けいただける診療をご提供いたしますので、ご安心ください。
また当院では、口腔衛生指導はもちろん、子育て経験のあるスタッフが多数在籍していますから、妊娠中やお子さんが生まれた後のちょっとしたご相談などもしていただいています。
歯科以外の部分でも、お悩みの多いお母さん方のお力になっていければと願っています。

フッ素やシーラントなどで大切な歯を予防

治療が終わったら、虫歯にならないようフッ素入りジェルを塗ります。
フッ素の効果の主な点は下記の通り、定期的に塗ることで虫歯になりにくい歯にしていきます。

  • 生える途中の弱い歯を丈夫にします
  • 抗菌作用でミュータンス菌の力を弱めます
  • 白くにごって溶けかかっている歯を、再び硬くします
  • 骨の中に埋まっている永久歯にもフッ素がしみます

【フッ素(ジェル)】

 

【フッ素(洗口液)】

 

【効用イメージ:フッ素】

奥歯の噛み合わせの部分は、“みぞ”が深くて磨きにくく虫歯ができやすい場所です。
シーラントは“みぞ”をレジンという歯科用プラスチック材で埋めて、食べカスが溜まりにくく磨きやすくする乳歯の治療です。

シーラントをフッ素と併用するとより効果的に予防が可能です。

【シーラント(ケア前)】

 

【シーラント(ケア後)】

 

【効用イメージ:シーラント】

048-470-6480 メールでのお問い合わせ