スタッフブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.02.06更新

以前シーラントについてお話をしましたが、シーラントは「入れて終わり」ではありません。abon

虫歯の治療や歯周病の治療と同じように、その後の経過を診ていく必要があります。

シーラントは徐々にはがれてきて、段差ができることにより、最近の住処になり、そこから虫歯になってくることがあります。定期健診を受けて、その状態をチェックしてもらい、はがれた部分は段差を研磨したり、シーラントを補充したりします。ihi

よく6歳ごろに第一大臼歯にシーラントを入れますが、忘れがちなのが第二大臼歯!12~14歳ごろはえてきますが、この第二大臼歯にも深い溝があることが多くシーラントが必要なことがあるのです。乳歯が全部はえかわり中学生になると、歯科の受診率が極端に低くなります。「魔の中学二年生」と呼ばれることもあります。ぜひ、この時期にも定期的に受診してお口の中のチェックをしてもらいましょう。heart3

シーラントはあくまで「奥歯の溝」に対する予防処置であり、歯と歯の間には効果がありません。ですから、シーラントを過信しすぎて虫歯はもう大丈夫と思ってしまうのはよくありません。やはり敵的に専門家の目でチェックしてもらうことが大事です!笑う

 

 

投稿者: 千葉歯科クリニック

2019.01.18更新

毎年インフルエンザは11月下中から12月上旬にかけて始まり、1月下旬から2月上旬にピークを迎えます。gan

手洗い、うがい、マスク+歯磨きでインフルエンザ予防をしましょう。ni

投稿者: 千葉歯科クリニック

2019.01.16更新

メインテナンスとは具体的にどのようなことをするのでしょうか?

お口の中の健康診断のほかに、歯や歯茎をすみずみまでクリーニングし、患者さんそれぞれに合ったセルフケアのコツをお教えします。

歯がツルツルになり、お口の中がすっきりして気持ちがいいものですgya

 

STEP1:お口の中で気になることがないかどうか以外にも、日常生活での変化や体調に変わりがないかお話を聞き、お口の健康状態を確認するのに役立てます。

STEP2:お口の中をチェックし、虫歯の有無、歯茎の状態、汚れの付き具合のチェック(歯周ポケットの深さや、出血の有無)、歯の揺れなどをチェックし定期ます。国家資格を持つ歯科衛生士が記録用紙に記録し、継続的にケアしていくのに役立てます。必要に応じて写真やエックス線撮影をします。

STEP3:チェックの結果を説明し、アドバイスします。

STEP4;すみずみまでお掃除します。普段セルフケアではできないポケットの奥深くの汚れや、歯石を取り除いていきます。そうすることで、虫歯菌や歯周病菌を減らすことができ、次のメインテナンスまで良い状態を保たせるのに役立たせます。

STEP5:歯科医師によるチェック。必要により歯茎に薬を塗ったり、フッ素を塗布したりします。

投稿者: 千葉歯科クリニック

2019.01.12更新

歯科医院で受けられるプロフェッショナルケアのことです。star

むし歯や歯周病のチェックとその原因を調べ、対策を打ち原因を減らして、歯や歯肉を守り長持ちさせていくのに役立ちます。

効果的な磨き方や、歯ブラシ以外の口腔清掃器具の提案、機械による歯面清掃など、患者さん個人個人に合わせたケアを心がけています。notenote2note2note

悪くなってからではなく、悪くなる前に普段から定期的に歯科医院を受診しメインテナンスを受けてもらうと、虫歯や歯周病の兆候にいち早く気づくことができ、早期に対策を打って、長期的にお口の健康も守っていくことが可能になります。

 

投稿者: 千葉歯科クリニック

2019.01.09更新

治療が終わって安心していたら、しばらくしてまた悪くなった!

痛みがでて、歯科医院を受診したらほかにも虫歯や歯周病を指摘された。

という経験はございませんか?

お口の環境を改善して病気の原因を減らすことが、新たなトラブルと治療の繰り返しを防ぎます。

むし歯や歯周病になりにくい環境のお口に改善するために、定期的メインテナンスを始めましょう!

 

投稿者: 千葉歯科クリニック

2018.12.05更新

むし歯が「細菌による感染症」ということ、ご存知ですか?

生まれたての赤ちゃんのお口には虫歯菌はいません。tooth

主に親御さんから知らないうちに赤ちゃんにうつり、そのまま赤ちゃんのお口の中に定着していきます。

親御さんのお口の中に虫歯菌がたくさんいると、お子さんの虫歯のリスクが高くなりやすいことが分かっています。shun

おこさんの健やかな成長のために自然なスキンシップをあきらめず、同時に感染を減らすには親御さんのお口の定期的なメインテナンスが重要なのです。ni

また出産前からマタニティ歯科などでメインテナンスを行うことで、生まれてくるお子さんの感染のリスクを減らすこともできるので、ぜひ検診を受けていただけたらと思います。flowerflower2flowerflower2

 

歯科衛生士 小泉

投稿者: 千葉歯科クリニック

2018.08.30更新

暑い時期に脱水症状にならないように水分補給がとても大事になってきますが、皆さんどのような飲み物を飲まれていますか?juice

汗をかいた後などには、スポーツドリンクが最適なイメージがありますが、実はかなりの量の砂糖が含まれています!

こまめに水分補給をすることは大切ですが、糖分を含む飲料を飲む回数が増えれば、虫歯のリスクを高めてしまうので、スポーツドリンクやジュースを飲んだ後は、お水やお茶を飲んだり、お口をすすいだりすることも虫歯予防の役に立ちますので、実践してみましょうni

 

歯科衛生士 小泉

投稿者: 千葉歯科クリニック

2018.08.25更新

お子さんのフッ素塗布や治療の付き添いで歯科医院においでになる機会に、親御さんもご自分のお口の中がどんな状態なのか調べてみましょう。magnifier

お子さんの為であると同時に、ご自分の為にもなります。

20代~40代の子育て世代は忙しく、自分のことはつい後回しになりがちです。butterfly

歯周病や虫歯で歯を失っては大変です。

お子さんはもちろん大事!しかし、親御さんだって大事です!

お子さんと一緒に定期的なメインテナンスを始めませんか?tooth

 

歯科衛生士 小泉

投稿者: 千葉歯科クリニック

2018.06.14更新

シーラントとは、乳歯や永久歯のかみ合わせのところにある歯の溝をプラスチックの材料で人工的に埋めてしまうことで、虫歯を予防する方法です。

 

☆シーラントを行う時期

 ・乳歯の奥歯がはえてくる3歳ごろ

 ・6歳臼歯がはえてくる6歳前後

 ・12才臼歯がはえてくる12歳前後

 

☆シーラント施術の流れ

 ①歯の汚れをきれいに落とす。

 ②お薬ではの表面を処理し、シーラント材を歯の溝に流し込みます。

 ③専用の光を当ててシーラント材を固めます。

note歯を削らずに、比較的短時間で行える処置なので、小さいお子さんも頑張れるかな~note

 

☆シーラントは保険適用の予防法です。

☆シーラントは知らないうちに取れてしまうことがあるので、定期的な検診ではがれていないかチェックすることも大切です。

☆シーラントやフッ素を行ったからと言って、虫歯ができないわけではありません。

flower日頃の歯磨きや歯科医院での定期的な検診を受けながら、大切な歯を守っていきましょう!!flower

 

ご希望の方、質問のある方はお気軽にお問い合わせください。笑う

歯科衛生士 小泉

 

投稿者: 千葉歯科クリニック

2018.05.10更新

フッ素とは、歯質を強くする効果がある自然元素のひとつです。

chickフッ素の効果chick

①歯の再石灰化を促進する。

②酸に強い歯を作る。

③むし歯菌が酸を作るのを抑制する。

12才臼歯がはえ始める12才~13才ぐらいまでは、定期的に塗布することをお勧めします。

フッ素は魚介類や野菜、肉、牛乳、お茶の葉など、ほとんどの食品に含まれていますが、それだけでは歯の健康を保つのに十分なフッ素の摂取は不可能です。

むし歯予防のためには、意識してフッ素を取り込んでいくのが大事ですよ。tooth

歯科衛生士 小泉

投稿者: 千葉歯科クリニック

前へ
048-470-6480 メールでのお問い合わせ